無修正AV流出(2021年01月10日発売)「欲しがるおクチ、淫らなおクチ ~吉沢明歩の濃厚凄テクフェラ~」後編

「欲しがるおクチ、淫らなおクチ ~吉沢明歩の濃厚凄テクフェラ~」後編

後編は歯磨き中のインタビューからスタートです。最初のシーンは媚薬プレイらしいですが前作の媚薬プレイで自分の許容範囲を超えてしまう感覚があったようで若干不安気です。今作では口の中の性感帯を敏感にさせる作用がある媚薬を使うらしい。媚薬を含んでとりあえずチンポを咥えてみるアッキー。どうやら気持ちよいらしいく、お口ではねっとりとフェラを楽しみつつも徐々に手が自分のおっぱいとおまんこへ移動します。やがて興奮は最高潮に達し、オナリながらお口で射精させます。射精後も激しいお掃除フェラは止まりません。シーンは変わりますが媚薬プレイはまだまだ続き、全身を使って今までにない快感に酔いしれます。どうやら喉の奥まで性感帯になったらしく、イマラチオ後のクンニでは涎をダラダラと垂れ流してよがる最強にエロい姿を魅せてくれます!69からベロちゅうでたっぷりと淫口した後はいよいよ挿入タイム。上だけではなく下の口まで敏感になっているようで突かれる度に溢れ出る涎が止まりません。大量ザーメンをお顔で浴びて大満足の媚薬プレイなのでした。お次は男優さん二人との3Pシーン。のっけから激しく二人に責められます。上のお口ではひたすらチンポを咥えこみ、下のお口は指やら口やらで常に責め続けられます。二人の男優さんに前から後ろから上から下から突かれまくり、もうわけがわかりません。突かれている間ももちろんお口は休まりません。お尻とお顔に一発ずつくらい終わりかと思ったら、間髪入れずにもう一回戦始まり、たっぷりお口に発射されます。最後は「吉沢明歩にとってフェラチオとは?」をディルドフェラの映像と共に語り終了です。前後編併せて150分ありますがバラエティに富んだシチュエーションで最後まで飽きることなく何度でも抜ける作品に仕上がっております。是非、前後編併せてご視聴ください。


セクシー女優引退から1年、レジェンド吉沢明歩が語る「引退後の日常と結婚」

──結婚願望はあるんですか。

吉沢 あります。二十代の時は仕事の幅が広がっていくのが嬉しくて、全く結婚願望がなかったんです。マスカッツの活動が終わって、デビュー10周年を迎えた時に、「そろそろ引退?」みたいな声がファンの間でもちらほら出始めて。そのあたりから結婚願望も出てきたんですけど、ファンが心配している引退説を良い意味で裏切りたかったんです。海外の仕事もあって、まだまだやれるなって自信もあったし、もうちょっとやりたいなって気持ちで続けていたら16年経っていたんですけど(笑)。

──何歳まで結婚したいですか?

吉沢 四十代の大台に乗る前にという思いはありながらも、年齢を気にして結婚したくないなって気持ちもあって。本当に自分のことを思ってくれる素敵な人と巡り合えたら考えたいですね。

──どういう男性なら結婚したいなと思いますか。

吉沢 やっぱり私が16年間やってきたAV女優というお仕事を理解してくれるのが一番大事なんですけど、その上で同じような価値観を持っている方なら、長く一緒に生活できるのかなと思います。

──今は焦りもなく?

吉沢 焦りはあるんですけど(笑)。焦ってもしょうがないですしね。

──最後に改めて『単体女優』を書いてみての感想を教えてください。

吉沢 これまでカッコつけて生きてきた部分もありましたし、みなさんの中に吉沢明歩のイメージがあって、それを崩したくないなという思いにとらわれていました。でも今回、リアルな心情や出来事を書くことによって、素の自分を届けることができましたし、改めて夢のような16年間を過ごすことができたんだなって幸せを実感できました。


▽『単体女優 AVに捧げた16年』(光文社)
発売日:3月28日
定価:1,760円(税込)
出版社:光文社

コメントを残す